魔術師の巣窟(仮)
趣味のゲーム製作サイトです。 そのうちHPを作ると思いますので、ここは仮住まいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとう
今年もよろしくお願いします。
結局何も完成させずに年を越してしまったわけですが。

新年早々FontForgeの話題とかどうですか、とフォント作って遊びながら年を越した私が聞いてみます。楽しすぎて0:00の瞬間に気付かなかった、そんなまぬけです。
FontForgeは、フリーのフォントエディターです。まだ機能は把握していないのですが、かなり色々出来そうな予感。
ただしこれ、LINUX/UNIX用ソフトウェアです。
LINUX用パソコンがあったり、パーティション分けしてLINUXを入れてあるような人は、そっちに入れた方がいいと思いますが、Windows上で動かすにはcygwinというとりあえずFontForgeが動く程度にWindowsをLINUXに見せかけるソフトが必要になります。

FontForge公式サイトはこちらから。
ここで日本語ドキュメントに飛んで、直訳調の読みにくい文章(それでもあるとないとでは大違いではありますが)の指示に従ってcygwinを導入してFontForgeをインストールすると使えるようになるはずです。

が。

私はこれを使っていません。
cygwinは導入がやたらと大変そうな上、結構重そうなので、こちらに非公式ですがWindowsでFontForgeが動くようにしたパッケージがあります。
これを「名前に半角スペースや日本語が入らないディレクトリ(Proglam FilsやDocument and Settingsはダメ)」に置いて、.bat拡張子のファイルを実行してやると、FontForgeが起動します。
あくまでも非公式なものであり、ライセンス的にももしかしたら黒いかも知れません黒くなかった。導入で何か問題起こっても責任は取りかねますので悪しからず。

別にこれで日本語書体作ろうとは思っていませんが、記号とか標準のフォントに含まれないようなのを入れられたら便利かなぁと考えています。

追記はコメント返信
>>Pさん
一応基本システム対応でメニュー呼び出しできる構造にはしてありますが、基本システム自体がマウス対応していないのがハードルですよね。

今年もよろしくお願いします。

>>Bobbyさん
新作というほどの物でもないような……
適当に作り散らしたコモンイベントが溜まっているのでそろそろどこかにまとめて置いておきたいところです。

今年もよろしくお願いします(←そろそろ言いすぎ)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます自作fontですか!!(おちつけ

fontforgeはかつて、導入時点で意味がわからなかったので投げた思い出がありますが、いいですよね、自作フォント!
最大の難関である導入が簡単になったということなので、正月が終わったら僕もやってみようと思いますよー。
2009/01/01 (木) 11:17:35 | URL | 藤田 #1wIl0x2Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 魔術師の巣窟(仮) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。